それぞれの発達段階にある子どもに適切な援助をし、子どもたちを「他人への思いやりと、生涯学び続ける姿勢を持った自立した人間」に育てていくことを目的とするモンテッソーリ教育理念の音楽教室です。

モンテッソーリ教育についてはこちらをご覧ください

「大事なことは教え込むのではなく、自ら考え気付くこと」子どもが自ら学び・子どもが主体の音楽教室です

モンテッソーリ教育の根底にある

「こどもを一人の人間として尊重する」

を忘れてはいけない言葉としています。

  • 指摘を繰り返すと子供は意欲を持たなくなります。
  • 正解ばかりを教えていると、自分で考える力がなくなります。
  • 手だし口出しが多いと、子供は集中しなくなります。

自分で間違えに気付き、自分で訂正できるように「自己教育力」に重きをおき、困っているときは最小限のサポートをします(教え込むことはしません)。

※教え込まないピアノレッスンってどんなレッスン?なのかはこちらから

AI社会が待ち受けている現代の子供たち、知識は検索で簡単に得ることができます。
音楽を通して、21世紀後半に生きる子供たちの未来のために生きて働く知性(心・体・頭)生きる力を育てていきます。

 

いつも楽しく・ワクワクするレッスンです

音は目で見ることも、触ることもできません。すべて子どもにとっては抽象的なものなのです。

教室ではリトミックを導入することでその見えない音を、具体的に目で見えるように・触れるように具体化し動きながら楽しく音楽を学んでいくことができます。

笑顔を大切に、音楽が大好きという気持ちを育てます

レッスン中はいつも笑顔で幸せの瞬間を共有し「愛され、認められている」という自己肯定感を高めるレッスンをいたします。

「先生のいつも変わらない元気な笑顔に子供たちが安心して通えます」
「先生に会いにいっているような感じです」

というお言葉をよくいただきます。
笑い声の絶えない明るい教室です。

一人ひとりのペースを大切にしたレッスンです

こどもたちは、みんなそれぞれ違った個性があります。その子の持つ特性・時間軸があるのです。だから、できるようになる時期は一人ひとり全く違います。

子どもたちを信じて待つこと、そしてただ待つだけでなく、一人ひとりのペースに合わせてあげること、心と体が繋がるまで子供たちの引き出しに沢山の力を蓄えてあげることを大切にしています。

子どもたちの全てをすべて受け入れ、沢山の愛情で一人ひとりに寄り添います

私も一人の母親としていつも我が子のことを大切に考えてきました。
レッスンに通ってきてくださる生徒様のご家族が、お子様を命をかけて守りたいと思う気持ちと同じ気持ちで生徒さんと接しています。
一人ひとりの個性を大切に、一人ひとりの心に寄り添い、子供たちを大切に守り育てていきます。

小さな成功体験の積み重ねを大切に、やり遂げる力を養います

普段のレッスンでは、今できることから始まり、「自分でできる」成功体験を優先します。

ちいさな成功体験の繰り返しが、もっとやりたい、もっとできるようになりたい、という姿につながります。

また、年に1回の大きな舞台での発表会・クリスマスミニ発表会で大きな目標に向かいやり遂げる達成感を経験します。