第16回 こどものためのリトミックピアノ教室発表会

 

 

リトミック研究センター長崎第一支局 竹内 夕雨子です。

 

いつもご訪問ありがとうございます。

 

 

 

9月1日日曜日 16回目の発表会が無事に終了しました。

 

 

0才から中学生まで、49名の生徒さんが出演してくれました。

(高校生が文化祭と重なり出演できず、来年は日程変更します)

 

 

 

年長さんの始まりの言葉からスタートします。

 

 

1部はリトミックを中心に。

 

 

 

今年の全体リトミックの発表は【スイミー】

 

 

 

全体リトミックの最後、一人ひとりのお名前を紹介するときは、いつもたくさんの思いを込めています。

また、step2クラスさん以上は、お母さんから離れて一人で舞台にたちます。

 

可愛いお歌やピアノ演奏もしっかり頑張ってくれました。

 

 

 

小学生リトミックは、リトミックを取り入れたボディーパーカッションを。

 

 

そして、10年がんばってレッスンに通ってくれた生徒さんの10年表彰(今年は3人♪)

 

 

 

講師演奏は2重唱とビオラ・ピアノでの演奏。

 

 

 

 

2部は小学生以上のピアノ・歌の演奏が続きます。

 

講師挨拶の時、毎年生徒さんたちからのお花のプレゼントを頂いており。。。嬉しく、暖かい気持ちに包まれます。

 

ありがとうございます!

 

 

 

 

本番に向けて、生徒たち一人ひとりにいろんな背景がありました。

 

 

一人ひとりが、努力していた姿・そして演奏以外でも成長したと感じる場面が発表会にむけての日々で見ることができました。

 

 

 

 

 

発表会の日まで小さなお友達も、小さな体と心で頑張ってくれました。

 

 

 

素晴らしい演奏ができた生徒さん、うまくいかなかったという思いをした生徒さんたちがいたかと思いますが、この日までどう過ごしてきたかその過程がとても大切!

 

 

 

緊張感のなか、発表会を楽しんでくれたみんなの笑顔をみて、

 

いつものことですが、さらに心から「私、この子たちみんな大好きすぎる・・・どうしよう」と(笑)

 

 

皆を溺愛してます♡

 

 

 

お母様お父様がたにも、リハーサルや準備から沢山のお手伝いをいただきました。

 

毎年、裏方でお手伝いをしてくれる先生方、そして主人。

 

 

多くの方に支えていただき、今年の発表会もみんなの笑顔で終えることができましたこと、心から感謝しております。

 

 

ありがとうございました!